画像

ローヤルゼリーに含まれるアミノ酸

ローヤルゼリーには多くの成分が含まれています。
その中で最も重要で最も多く含まれているのがアミノ酸です。
ローヤルゼリーのアミノ酸http://www.cerg.org/indispensable.htmlはその種類も多く、人間に必要なものも多く含まれていますので大変注目されています。

なぜ人間にはアミノ酸が必要なのかというと、神経細胞、皮膚、筋肉や内臓などの主要な体の器官はたんぱく質から成り立っています。
そして、たんぱく質を作り出すときに必要なのがアミノ酸ということになります。
アミノ酸とローヤルゼリーと人間の体の関係は、とても密接につながっていると考えてもいいでしょう。

これも同じ生物として考えると当然なのかもしれません。
でもどうして、アミノ酸を摂り入れる必要があるのかというと、体の中で作り出せない必須アミノ酸もあるからです。
必須アミノ酸は9種類で、体内で作ることができるアミノ酸は14種類あるとされています。

毎日の食事をする中で体内で作ることができない必須アミノ酸を摂り入れるようになっていますが、いつもバランスのよい食事を摂ることもできず、ファストフードなどの軽い食事で済ませている人は、必須アミノ酸が足りていないことがあります。
そこでローヤルゼリーが登場するということです。
ローヤルゼリーに含まれている必須アミノ酸はなんと8種類にものぼります。

http://www.yoshidasoba.jp/houhu.htmlにも書いてあるようにその8種類とは、バリン、ロイシン、イソロイシン、リジン、メチオニン、フェニルアラニン、スレオニン、トリプトファンになります。
これら一つ一つの必須アミノ酸は体の中で作ることができないので、それがローヤルゼリーだけで8種類も摂れるということになると、その価値はとても素晴らしいものだと考えることができます。
アミノ酸をはじめ栄養素を摂るということは、そのバランスを考えることが大切です。
体に必要な栄養素が一つや二つだけたくさんあってもだめですし、逆に栄養素が一つでも欠けてしまうとその効果が発揮できないと考えましょう。
何事もバランスが大切です。
また気になるローヤルゼリーと蜂蜜のちがいについて詳しくはこちらhttp://www.villevoiceeats.com/zyose.html