画像

ローヤルゼリースキンケア品質ランキング

順位:1
ローヤルゼリーもっちりジェル
画像画像

画像

特徴を解説:

画像

お手軽にお肌のケアをしたい人におすすめのジェル。
これ一つで5つの働きをしてくれるオールインワンタイプであるということが最大の特徴として挙げられます。 化粧水・美容液・乳液・化粧下地・うるおいパックの役割りを果たします。

コストパフォーマンスは非常に高いと言えるでしょう。
ローヤルゼリーのサプリメントと一緒に使うのがオススメ。
組み合わせて使っていく作戦が良いかも知れません。

もちろん合成着色料や香料、鉱物油などの添加物は含まれていません。
その為、肌が弱い人でも安心して使うことができます。
非常にナチュラルな配合成分が魅力的です。

使い心地も良いのが嬉しいところ。
ジェルを塗った後でもベタつかずに潤いだけが長続きします。

主な配合成分はカプセル化されたローヤルゼリーの他にヒアルロン酸やコラーゲンなど。
その他にも合計で約40種類の美容成分が含まれています。

画像 画像 画像
画像 画像

オススメ度は?:94点

全体的なバランスは非常にいい感じ。
コレ一つで色々な目的に活用できるので、オススメ度は大変高いです。

公式サイトを見る
順位:2
山田養蜂場 RJスキンケア
画像画像

画像

特徴を解説:

画像

RJスキンケアシリーズは、山田養蜂場の高濃度ローヤルゼリー スキンケアアイテムです。
クレンジングクリーム、スキンケアソープ、薬用RJエッセンス、RJローション、RJクリームのシリーズが揃っています。

山田養蜂場独自の技術によって、生のローヤルゼリーから抽出されたローヤルゼリーエキスが美容に対して高い効果を発揮してくれます。
それだけではなく、豊富に美容成分を含んだローヤルゼリーエキスを、独自技術で超微粒子化しています。
超微粒子化することによって美容成分が肌にグングン浸透し、素早く美肌に導いてくれます。

山田養蜂場のローヤルゼリーエキスは、保湿力が非常に優れており、うるおいの持続力はヒアルロン酸よりも優れているのが特徴です。
ローヤルゼリー水溶液を使用したモニター実験では4週間で肌の水分量がアップするという結果が出ています。

特に評価が高いのが、薬用RJエッセンス。
ローヤルゼリーエキスが60%も配合されており、ビタミンC誘導体も配合されています。
保湿力・美白力に優れていることから、シミやシワ、乾燥、そばかすなどに幅広く対応してくれます。
肌トラブルやエイジング肌に悩んでいる方、美白したい方には是非使ってみて欲しい逸品です。

シリーズ全て優れた性能を持っているので、まずは1000円で5日分を試せるモニターセットでお試ししてみると良いと思います。

画像 画像 画像
画像 画像
画像 画像

オススメ度は?:85点

優れた費用対効果を誇るスキンケアアイテムと言えるでしょう。
納得できるスキンケアアイテムに出会えていない人・・・
そろそろしっかりエイジングケアをしたい人・・・
シミや皺を改善したい人・・・
ローヤルゼリーの美容効果をしっかりと感じたい人・・・
このアイテムを試してみましょう!

公式サイトを見る
順位:3
エモリ―Rジェル
画像画像

画像

特徴を解説:

画像

エモリ―Rジェルにはカプセル化されたローヤルゼリーが配合されています。
これによって肌への吸収率が高まっているのが特徴です。
その他には保湿効果のある蜂蜜やコラーゲンなどのほか、ヒアルロン酸やアスタキサンチンが配合されています。 美肌づくりにしっかりと役立ってくれるでしょう。

値段に関しても比較的リーズナブルです。
コストパフォーマンスに関しても悪くはありません。
口コミでの人気もそこそこです。

画像 画像 画像
画像 画像 画像

オススメ度は?:73点

そこそこの効果は実感できるでしょう。
一般的なスキンケアアイテムよりは優秀です。
上位アイテムを試した上で、ピンとこない様であればこれを試すのも一つの手段でしょう。

公式サイトを見る

コラム:ローヤルゼリーQandA「いつ使うのがベスト?」

ローヤルゼリーのアイテムはいつ使うのが最も効率よく効果を発揮するのでしょう。
そのタイミングは下記が理想的と言われています。

サプリメント

毎日の夕食後が最も吸収率が良い

スキンケア

就寝前やお風呂上りなどがベスト
ラインで揃えられるアイテムの場合は、説明書の通りに使いましょう。

ただし、いずれも「そのタイミングなら劇的に変化が感じられる」という程のものではありません。
タイミングより何より重要なのは、しっかりと続けるということです。
継続こそが効果実感への最大の近道です。
上記のタイミングは習慣化しやすく、続けやすくするという点で大きなメリットがあります。
一つの目安として考えておきましょう。